番組を聴く

iTunes Podcastで聞く場合はこちら

  • 第01回配信分(mp3)
    今回は新録である第三弾の番組配信に先立ちまして、2010年に製作され、関係者のみに配布されたラジオCDに収録された「History Bar UEC」の第二回を、特別にAtelierTSKの再編集の元お送りいたします。
  • 第02回配信分(mp3)
    第2回は今回新たに収録をした、第三弾の模様をおおくりします。前回の話の続きである、DAD(Digital Audio Disk)懇談会などについて語っています。
    第02回訂正
    • 頭から14’20”のところ
      ラッカー盤の表面に塗ってあるのを、「酢酸セルロース」と言ってしまいましたが,正しくは「硝酸セルロース硝酸繊維素」です。ニトロセルロースです。
    • 頭から 1°07’20”のところで、S社のOEMと口走っていますが、正しくはH社のOEMです。
    以上 誠にすみません! お詫びして訂正します。
Top of Page

ご挨拶

ラジオ番組製作チームAtelierTSKは2013年3月を持ちまして、めでたく設立一周年を迎えることとなりました。
「M&D HYBRID RADIO SHOW パスタ!」と共にスタートした当団体は、昨年12月から「女子らじっ☆」もスタートし、お陰様でiTunesPodcastコメディー部門ランキングで最高23位を獲得する番組を製作する団体となることが出来ました。
これも一重に普段AtelierTSKの各番組をお聞きいただいているリスナー様のご支援のおかげと感謝いたしております。
そこでAtelierTSKは日頃からご愛聴頂いているリスナーの皆様に何かささやかなお礼が出来ないかと考え、特別番組History Bar UECを配信する運びとなりました。
このHistory Bar UECという番組はAtelierTSKの古巣である、調布発明クラブ放送局製作委員会に現在のAtelierTSKスタッフが所属していた時代に単発の特別番組として製作したものです。
放送後、スタッフ間で好評であったため後日、関係者のみに配布されたラジオCDではその第二回が製作されました。
今回はラジオCDに収録された第二回とともに、新録の第三回の配信を行うものです。
Top of Page

番組内容

東京都内の某Barで収録した、長年エンジニアとして録音技術の開発をしてきた高須さんによる、PCM録音機の開発に関するお話に耳を傾ける番組です。
Top of Page

出演者紹介

  • 語り手 高須さん

    電気通信大学を卒業後、レコード会社に勤務。長年にわたり録音技術畑でオーディオをソフト面からサポート。
    レコード関係では、Black Disc(SP-EP-LP/モノラル-ステレオ)からCDまで。

  • 聞き手

    電気通信大学卒業後、コピー機メーカーで開発エンジニア、電子機器の設計と様々な職を経験し、現在は機械関係の翻訳業に従事。
    自称、機械オタクであり、電気、通信、機械の様々な分野に一言をもっている。

Top of Page

Bar UECとは?

「Bar UEC」は東京・多摩地域の大通りから一歩入った閑静な住宅街にひっそりと存在するバー。
店内は明かりが少なく、落ち着いた雰囲気になっており、夕方になると癒しを求めて若者から年配の方まで様々な人が店を訪れ、会話を弾ませている。
また近くに遊園地があるためか、休日の夕方になると若者が多く店を訪れている。
Top of Page